観る

ホーム観る ≫ 御池

御池

御池は村人より聖地として崇められ、幾度の日照りの時などはこの地に登って雨乞いの祈祷をすれば必ず雨が降ったと言われています。


みどころ

寿永4年(1185年)壇ノ浦の戦いに敗れた平家の残党は逃れ逃れて白鳥山御池の辺りに本陣を置き、御池の下方2km位の所の金之内に陣屋を構えました。旧三月のある日(3月17日だったと言われ、後になり御武者祭がこの日に毎年行われていました)見張りのものが、霧の晴れ間に見えた山一面に咲いたこぶしの花や桜の花を源氏の白旗と見間違えて源氏の大軍が押し寄せてきたと報告し、そこでこれ程の大軍を相手に戦いを挑んでも勝ち目無しと見て御池本陣に合流し、「残れるものは万難を排して生き延び再起の時を待つべし、五家荘をはじめ各地に分散せよと、又それが出来ぬ者は敵の手にかかり汚名を残すより武士の最後をかざらんとして、御池にて自害又は刺し違えて果てた者あり」と伝えられています。




交通アクセス

名称御池
住所宮崎県東臼杵郡椎葉村大字不土野
お問合せ椎葉村観光協会  TEL:0982-67-3139
アクセス

Now Loading...